市ヶ谷かをるからのメッセージ

【貴方自身になる魅力を磨く】

いかに上手く自分自身を演出するか、いわゆる「自己プロデュース」の必要性が現代ほど問われている時代はありません。その人にしかないプラスアルファが求められています。しかし「中身」がいかに優れていても、「外見」が伴わなければ注目されることはないし、中身は必ず外に表れるものです。亡くなった作家・白洲正子さんは「人は見た目が全てよ。」とよくおっしゃっていたそうです。

いうまでもなく「素敵」「美しい」「洗練された」といったイメージは、ご自身が決めるものではなく、周りの人がそう思い感じることによって生じるものです。従って、「この色が好きです。」、「この形が好きです。」といった、好みだけではこのようなイメージを生み出すことはできません。

【リーダーの風格とは】

米国では大統領を始めとして政治家やビジネスマンがイメージコンサルタントのアドバイスを受けています。政治家のTV演説では、スピーチの内容は言うに及ばず、姿勢、声色、表情、ファッションすべてが支持率の決め手となります。ヘアスタイル、ワイシャツ、スーツ、ネクタイ、カフスにいたるまでが、演出の小道具として使われるのです。これは、皆さんも見習ってよいことだと思います。

【もっともっと美しくなる】

電車やデパートや街で、ご自分の魅力がわかっていないために、自分の魅力を100%は無理としても、50%いえ30%も表現できていない方を少なからず見かけます。私は残念でなりません。自分に似合う色や形、本来の自分が持っている雰囲気等を客観的に知り、ちょっとしたヒントやアドバイスで、別人のように美しく、素敵に、輝いていった生徒さんやお客様を多く観てきたからです。客観的な目で自分を観て、自分に本当に似合うファッションが分かるようになれば、周りに心地よい印象を与えられます。そして自分に自信を持つことができるのです。

【上質に生まれ変わる】

たとえば、ここに、それは美味なチョコレートがあったとします。そこに、素敵なラッピングが加われば、一層美味しそうに感じられるばかりではなく、その人ならではの趣味の良さが出るでしょう。その結果、人々はそのラッピングした人を高く評価することになります。このラッピングにあたるものが、服装・カラーなのです。

真・善・美

私が、コンサルティングを行う際に常に心がけているのは、真・善・美をお送りすることです。

真(Genuine) 本物であること。

善(Goodness) 人に喜んでもらうこと。

美(Beauty) 常に美しさを追い続けること。

十年一昔といいますが、この仕事を初めて二昔を超えました。今では、この真・善・美の心を、皆様に伝えることが私の天命とさえ思えるようになりました。今まで多くのお客様や生徒さんにアドバイスを行うことを通して培ってきた私のイメージコンサルティングの知識が、もっと多くの皆様のお役に立つことを願ってやみません。

市ヶ谷かをる

back to top

市ヶ谷かをるプロフィール

市ヶ谷かをるカラー・コーディネーター/イメージ・コンサルタント
株式会社 Color & Imageイチガヤ

代表取締役 市ヶ谷かをる

米国のカラー&イメージコンサルティングの草分けである「カラー・ミー・ビューティフル社」主催の「カラー&イメージコンサルタント養成講座」の第一期生(1986年)。
日本のカラーコーディネイトの草分けとして、長年にわたり服装を通した外見の重要性とそのコミュニケーション効果を提唱している。
アメリカ生まれのカラーコーディネイト法をいち早く日本人向けにアレンジし、独自の理論(Circle Color System)を確立した。
フィニッシングスクール ジョン・ロバート・パワーズスクールでは、設立当初から現在にいたるまでワードローブの授業で多くの女性達に“「似合う」本質”を教えて人気を博し、又、企業セミナーや研修などを通して女性は勿論のこと男性たちからも支持を受けている。
TBSテレビの“亭主改造計画”コーナーは、企画から参加し、出演して大ヒットした。

主たる活動

◇顧客の為のイメージコンサルテーション
(ショッピングサービス、ヘアースタイリング、メイクアップアドバイスなど)
◇TBS「ジャスト」亭主改造計画レギュラー出演
◇プロの為の養成講座 (顧客のイメージ分析、カラー分析、ビジネスマナーなど)
◇ジョン・ロバート・パワーズ 東京校 ワードローブ専任講師
◇企業研修(新人・エクゼクティブ)
◇講演
◇イベント出演
◇コメンテーター(テレビ等)

back to top

現在~1986年

back to top

現在~2002年

back to top

2001年~1997年

back to top

1992~1996年

back to top

1986~1991年

back to top